助成金

よくあるお問合せ

全助成金共通

全般

申請書はカラー印刷で提出してもよいですか?
カラー印刷、モノクロ印刷どちらでも結構です。
申請書の枠を広げたり、用紙を追加することはできますか?
書式の変更はできません。決められた枠の中に記入してください。
また、用紙を追加することはできません。
申請書が受付けられない専門分野は何ですか?
人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究に関連のない申請は受付できません。
薬学部と大学院薬学研究科から各1 件の申請をしたいのですが、可能ですか?
各1 件の申請はできません。どちらか1 件の申請です。なお、医学部、大学院医学研究科の場合は、大学病院、医学部附属病院を含めた全体から1 件の申請が可能です。
病院の勤務医ですが、申請するにはどうしたらよいですか?
①大学に籍がある場合:大学の医学部長の推薦で申請してください。
②大学に籍がない場合:当財団の理事・監事・評議員の推薦で申請してください
応募を希望していますが、助成金締切日のすぐ後に所属の異動が決まっています。申請できますか?
異動後も申請される研究を続けることができるのであれば、申請可能です。申請書の所属欄には、申請時点の所属を記載し、異動後に「所属変更届」をご提出ください。
申請書は、何部提出すればよいですか?
WEB申請完了後、原本1部を財団までご郵送ください。(締切日必着)
助成金は所属研究機関が受け取るものなのでしょうか。
当財団の助成金は研究者に対する直接的な研究助成であり、研究者が所属する研究機関への支援ではないため、研究者個人の口座に振り込みます。
申請した研究テーマにて知的財産権を得た場合、その権利は財団に帰属するのでしょうか。また、財団への義務が発生するのでしょうか。
当財団から助成を受けた研究で知的財産権を得た場合、権利は研究者および所属研究機関に帰属します。また、当財団への知的財産権取得に対する義務はございません。
受領した助成金を所属研究機関にて管理する場合、管理費(オーバーヘッド)を徴収されると所属研究機関より通知がありました。どのようにすればよいのでしょうか。
当財団の助成金は研究者に対する直接的な研究助成であり、研究者が所属する研究機関への支援ではないため、管理費(オーバーヘッド)は免除をお願いしております。オーバーヘッド免除依頼が必要な方は採択通知に添付されている書面をご確認のうえ、助成金担当までご依頼ください。

推薦者について

大学の病院が医学部附属病院ではなくなりました。推薦者は誰になりますか?
医学部長または医学研究科長の推薦をお願いします。なお、医学部・医学研究科・医学部附属病院・大学病院全体から1件の申請をお願いいたします。
学部に属していますが、学部長推薦ではなく、学長推薦でもよいですか?
学部に所属されている方は、学部長推薦です。学長推薦は、大学院・学部、研究所以外の大学組織(研究センター、研究施設等)に所属されている方です。なお、大学からの推薦は必ず公印を押印ください。
大学院が統合され、大学院医学薬学研究科となりました。この場合、申請できるのは1件ですか?
医学研究科と薬学研究科の統合ですので、医学系1件、薬学系1件 計2件申請できます。推薦者は医学薬学研究科長です。医学系、薬学系どちらであるかわかるように申請書に記載ください。医学系で2件、または薬学系で2件を申請することはできません。[申請書記載例:医学薬学研究科長(医学系)]
推薦件数は1推薦者につき1件とありますが、例えば「科学奨励金・研究助成」、「海外学者招聘助成金」、「海外研究留学助成金」のいずれか1科目ということですか?
そうではありません。1推薦者につき科目毎に1件推薦できますので、上記の場合は3科目の各々に申請が可能です。
理事・監事・評議員推薦の場合は、研究機関・役職等の記載はどうしたらよいですか?
研究機関は、内藤記念科学振興財団です。役職名は、理事・監事・評議員のいずれかとし、推薦印は、推薦者の個人印を押印ください。
大学の研究所長の推薦で申請したいのですが、所長の公印がありません。私印を代用してよいですか?
推薦には公印が必須です。公印がない場合は、学長推薦で申請してください。その場合、他の学長推薦枠(大学共通組織)も含めて1件の推薦となります。
大学の研究センターに所属していますが、センター長での推薦で申請できますか?
研究センターの推薦者につきましては、当財団の理事会が承認した研究センターのみ センター長でのご推薦が可能となっております。
該当しない場合には、学長または、当財団の理事・監事及び評議員のご推薦をお取り下さい。
承認の有無につきましては、お手数ですが財団事務局へお問い合わせ下さい。
推薦者の捺印について制約はありますか?
私印での推薦者印がお認め出来るのは、当財団の理事・監事及び評議員の先生方の推薦で申請される場合のみです。それ以外の推薦者の方で申請される場合には、例外なく公印での捺印が必須となります。

報告書提出について

報告書は、どのように提出すればよろしいでしょうか?
採択通知書記載期日またはホームページ各種手続カレンダー内案内期日までに必ず、規定の様式にてご提出下さい。
・研究報告書(必須)
・使途報告書(または、使途報告書(未費消分あり))(必須)
・論文別刷り(任意)
ただし、助成金受領年度によって提出方法が異なりますので、ご注意ください。
◎2014年度以前に受領された方・・・ホームページより該当する提出書類を入手頂き、E-Mailにてご提出下さい。
    E-Mail:joseikin@naito-f.or.jp
※ただし、2013年度女性研究者助成金受領者の方は、受領者専用ページをご利用下さい。
◎2015年度以降に受領された方・・・受領者専用ページより該当する提出書類を入手頂き、記載済ファイルアップロードによるお提出をお願いします。
受領者専用ページ:https://grant.naito-f.or.jp/ (HP内上段に掲載)

各助成金別

科学奨励金・研究助成

助成金の使途の項は、どのように記載すればよいですか?
使用する項目(例:機器、試薬、外注費、旅費等)ごとに、費用額を記載し、合計金額と助成金額が同額になるようにしてください。
「これまでとは異なる領域の新しく立ち上げた研究テーマ」で申請を予定しております。この場合、申請書の【研究テーマに関するこれまでの業績の大要】はどのように記載すればよいのでしょうか。
今回の申請テーマが過去の研究業績から着想を得たものであればその基盤となった研究の業績をお書きください。全くの新しい研究テーマである場合はその旨をご記載の上、過去の研究業績についてお書きください。

科学奨励金・若手ステップアップ研究助成

申請者資格2)「過去の科学奨励金・研究助成の受領者であること。」とありますが、これは科学研究費補助金のことですか。
科学奨励金・若手ステップアップ研究助成への申請には、一昨年度までに内藤記念科学奨励金・研究助成を受領しており、報告書を提出済みであることが必須です。他の助成機関からの助成金ではございません。

女性研究者研究助成金

出産予定日が助成金締切日の1 カ月後です。申請できますか?
申請できません。応募締切日までに出産していることが条件です。来年度以降に申請ください。出産日から助成金締切日までが60ヵ月以内であれば申請することができます。
助成金の使途は3年分まとめて書いてもよいですか?
2年目と3年目が報告書提出時期となっております。
2年目の提出時には、1年目と2年目で分け使途報告書を提出して下さい。
3年目の提出時には、3年目の助成金受領に対する使途報告書を提出して下さい。
提出時期に、助成金を全額費消している必要はありませんが、使途報告書のご提出は必須となります。その場合は、使途報告書(未費消分あり)を使用しご提出して下さい。
受入研究者はどのように記載すれば良いですか。
申請時点で研究機関に属されていない方のみ、記載が必須となります。
研究現場へ復帰する際の受入先となる研究機関代表者名、研究機関名を記入して下さい。産休前の研究機関と異なっていても構いません。
また、復帰する際に独立した研究室を構えられる方は、ご本人の氏名、研究機関名(研究室所属先)を記入して下さい。
申請者資格4)「財団以外から申請年度を含む助成期間に、同一研究課題による同様(同類)の研究助成金を受けることはできない。」とありますが、同様(同類)とはどのような助成金を指しますか?
女性研究者が出産・育児のために研究を中断され、研究現場へ復帰される際の支援を目的とした助成金を指します。

次世代育成支援研究助成金

申請者資格にある「所属する研究統括責任者」とは、どの範囲までを指しますか?
多様な組織形態があるかと思いますが、基本的には申請者が所属する研究機関部局(室)の長を指しております。例えば研究室の長、所属講座の長が該当します。ただし、同一組織に複数の研究統括責任者がいる場合には、申請者にもっとも近い研究統括責任者でお考えください。
公的・民的からの外部研究資金総額とは、どこまで含めて記載すれば良いでしょうか?
公開情報のある公的・民間からの競争的資金総額(ただし間接経費を除く)を記載ください。
科学奨励金・若手ステップアップ研究助成と次世代育成支援研究助成金の違いを教えて下さい。
科学奨励金・若手ステップアップ研究助成については、申請者資格として一昨年度以前に科学奨励金・研究助成の受領者であることが前提となります。申請要領の資格条件に該当される方には助成金担当者より今年度初頭にメールでその旨をお知らせさせて頂いております。
メールが今該年度初めに届かない方は、申請対象には該当しないとお考えください。
また、当該申請テーマが科学奨励金・研究助成申請時のテーマあるいはそれから派生したテーマに基づく申請であること等が条件となりますのでご注意ください。
次世代育成支援助成金については、過去の受領歴による縛りはございません。
両助成金ともに、申請時には申請要領記載内容をよくご確認のうえ、ご申請ください。

海外研究留学助成金

留学先研究機関または受入研究者の承諾書には、何を書いて貰えばよいですか?
留学先からの給与支給の有無、留学先での研究テーマ、留学受入年月日、留学期間、受入先責任者のサインを必ず明記してください。
受入承諾書は、受入責任者のサインが入った原本でないといけませんか?
レターヘッド付きであれば受入責任者のサインに入った原本をFAXもしくはPDF化したものでも可としますが、E-mail 本文のみのものを受入承諾書の代替とはいたしません。また、レターヘッド付きではないもの、必須記入項目が網羅されていない受入承諾書も受理する事ができませんのでご注意ください
現在留学中の者ですが、留学助成金に申請できますか?
既に留学されている方は申請できません。これから留学して留学先から申請することもできません。また、留学先から一時帰国し、再度出発する方は対象になりません。

海外学者招聘助成金

共同研究を目的とした招聘助成金の申請はできますか?
申請できません。学会・シンポジウムに招聘することが条件です。
申請書と共に提出するプログラム・サーキュラー等は、どのような内容が書かれていればよいですか?
開催責任者、招聘学者の氏名、開催日時、開催場所が記載されてあることが必要です。