当財団について

広報誌『内藤財団時報』バックナンバー

第68号 2001年09月14日 発行

  • 若い研究者のために(46)体力・気力・知力を総動員佐藤公道
  • 第14回内藤コンファレンス「天然生物活性分子とその活性発現機構[III]」プログラム
  • 2000年度内藤記念科学振興財団贈呈式
    1. 式次第・贈呈式
    2. 第32回内藤記念科学振興賞受賞研究
    3. 筋収縮の分子機構の三次元構造に基づく研究若林健之
  • 助成金の贈呈を受けて
    生かされて宇高恵子
    「自然免疫」と感染松崎吾朗
    時の流れ-海洋天然化学のことども-浪越通夫
    フィラデルフィアに住んで1年船木真理
    ドイツ人の心奥野敦朗
    化学と生命の間で「共同研究の楽しさ」袖岡幹子
    マスト細胞を追い続けて松田浩珍
    La Jollaより田中克典
    渡米雑感淡谷典弘
    「ケンブリッジでのカレッジ生活」醍醐弥太郎
    昆虫少年と生命科学研究萬代研二
    これまでの研究を振り返って稲垣暢也
    恩師の言葉と凡人が研究者と生きる道久保允人
    マリファナの受容体とそのリガンド杉浦隆之
    感染症マラリアに対する備え三田村俊秀
    活性酸素との出会い藤井順逸
    企業と科学坂根郁夫
    寄生虫がきっかけに藤井健志
    フォワード・ジェネティックスが世界を拡げる中藤博志
    われわれの知っているタンパク質がタンパク質の全てではない芝清隆
    縮んだり伸びたりする人口組織大石一彦
    脳機能の解明と新技術小林和人
    カハール研究所を訪ねて川口泰雄
    「これは心不全?」山本一博
    研究における仮説と現実 有機合成化学の意外性南方聖司
    Epstein-Barrウイルスからのレッスン金兼弘和
    日本の大学発のバイオ医薬技術は世界で通用できるか?黒田俊一
  • 第32期(2000年度)収支決算報告
  • 助成事業の紹介
  • 助成金申請に関してよくある問合せ
  • ご寄附について/ご寄附をお寄せくださる方に
  • 2001年度役員および評議員・選考委員
  • (財)内藤記念科学振興財団へのアクセス
  • 編集後記