当財団について

広報誌『内藤財団時報』バックナンバー

第71号 2003年03月20日 発行

  • 若い研究者のために(49)研究成果発進とインパクトファクター及び引用回数柴﨑正勝
  • 第34期(2002年度)内藤記念科学振興賞・助成金受領者一覧
  • 先輩受領者からのメッセージ
    B細胞表面分子Redioprotective105から自然免疫まで三宅健介
    「元肥と追い肥」そして再び期待する民間財団像鈴木利治
    ムラサキガイの付着忌避衛藤英男
    食べごろの細胞中西義信
    高血圧と細胞膜流動性津田和志
    遺伝子ノックアウトマウスから学ぶこと森寿
    内分泌学から発生生物学へ上野直人
  • 特集 第15回内藤コンファレンス「難病の分子生物学[III]」プログラム
  • 特集 第15回内藤コンファレンス「難病の分子生物学[III]」を終えて
    難病の治療に向けた展開・神経難病を中心に祖父江元
    4度目の参加八谷如美
    共同研究に発展永井義隆
    今後の留学に大きなヒント芝田晋介
    聴講者として参加して桜井隆史
    励みとなったコンファレンス田中真生
    厳しく充実したプログラム矢澤生
    次なるSerendipityを目指して梅原藤雄
    難病研究の流れをよく反映横田隆徳
    多くの友人を得る機会藤原範子
    異分野の研究者との交流河原正浩
    生の声に触れるということ岡崎啓明
    自分の研究を見つめ直す松坂賢
    心配から杞憂に竹越一博
    視野を広げるきっかけ坂田絵理
    将来の共同研究に結びつけば南雅文
    研究心をくすぐる魅力的な講演勝野雅央
    一緒に研究を発展させませんか河原行郎
    久しぶりに参加して石田博
    コンファレンスの醍醐味吉澤利弘
    世界に向けて頑張りたい下畑亨良
  • 予告 第16回内藤コンファレンス「自然免疫の医学・生物学[I]」の開催について
  • 内藤コンファレンスにいらっしゃいませんか
  • 寄附金をご存知ですか/ご寄附をお寄せくださる方に/ご寄附について
  • 2002年度役員および評議員・選考委員
  • (財)内藤記念科学振興財団へのアクセス
  • 編集後記